お目元こんな症状でお困りではありませんか?

セルフチェック

  • 目の開きが悪い
  • 視野が狭い
  • まぶたが垂れている
  • 眠くないのに眠たそうな目だねと言われる
  • 目の上にくぼみがある
  • 目を開けると眉毛が上がるorおでこにシワが寄る

一つでも当てはまる方は、 眼瞼下垂かもしれません!!!

眼瞼下垂の説明

眼瞼下垂とは

目を開ける筋肉が弱いため、まぶたの皮膚が目に垂れ下がり、目が開きにくい症状をさします。眼瞼下垂の症状がある方は、挙筋短縮法という眼瞼下垂の修正術を行うと、改善が可能です。

見た目の特徴

  • まぶたが垂れ下がっている
  • 黒目が小さく見える
  • 眠たそうな目をしている
  • 目の上にくぼみがある
  • 目を開ける時、眉毛とおでこが上がる

症状例

症状例

症状が進行すると…

症状が進行すると…

頭痛 肩こり めまい など、身体的負担が出てくる場合がありますので、少しでも心あたりがある方はご来院下さいませ。

眼瞼下垂修正術について

眼瞼下垂修正術とは

目の開きやくぼみ改善のため、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を縫い縮めて正常な目の開きに修正する手術です。眼科では保険適応が可能です。 眼瞼下垂に当てはまる方は、生まれつき目の開きが悪い先天性な方と、加齢・妊娠・コンタクトの使用に伴い、症状が出てくる後天性な方に別れます。 手術を受けると、二重となります。また、目を開ける時に上がっていた眉毛やおでこに寄っていたシワも改善されます。

美容外科での眼瞼下垂修正術

美容外科での眼瞼下垂修正術では、目の開きを良くする・目のくぼみを改善する以外にも、幅の広い二重・目力アップ効果が期待できます。

手術後の変化

  • 目の開きが良くなります。
  • 黒目が大きく見えるようになります。(ぱっちりした二重)
  • 目力がアップします。
  • 幅の広い二重ができます。
  • 目のくぼみが改善されます。
  • 目を開ける時、眉毛やおでこにしわが寄らなくなります。
  • 身体的負担(頭痛・肩こりなど)が軽減されます。

施術方法

二重になる事で、A点がB点まで持ち上がるため、黒目が大きく見えるようになります。

目を開ける筋肉である眼瞼挙筋を縫い縮めることで(正しくは眼瞼挙筋の一部である挙筋瞼膜を縫い縮めます) 図中A・B・Cの上下矢印⇔の分だけ更に黒目を大きく見せることができます。 黒目を大きくすることで目力も強くなります。

症例写真

傷口の経過

腫れ・内出血・赤味が強く出ます。

腫れ・内出血・赤味も徐々に引いてきます。 メイクをされたら目立たなくなります。

個人差はございますが、腫れ・赤味はキレイに 改善します。

施術時間・料金・リスク副作用など

手術時間

60~80分

ダウンタイム

1週間~3ヶ月

通院回数

通院回数:3回 (5日後に抜糸・ 1ヶ月・3ヶ月検診) 検診以外でも気になることがございましたらいつでも無料で検診を行っております。

料金

389,000円(税抜・会員価格) 片目:233,400円

リスク・副作用

【痛み・熱感】1週間程度  【腫れ・内出血】ピークは1週間程度  【傷口の赤味】3か月

リスクの対処法

上記リスクは時間の経過と共に改善しますが、施術直後は点眼薬や処方薬の使用やアイスノンで冷やしてください。

ドクターコメント

眼瞼下垂修正術は、
目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を操作するため、瞼の構造の詳しい知識と 繊細な技術が必要な手術です。
当院では切開法の手術であっても内部処理を徹底して行っており、眼瞼挙筋を操作します。眼瞼下垂の手術だけでなく切開法の症例も加わるので、おのずと 、医師の挙筋操作の熟練度が増していきます。当院では日頃から眼瞼挙筋を操作することになれている医師が執刀しますので、結果に大いにご満足いただいております。
カウンセリングでは、患者様のお目元のお悩みやご要望の幅をしっかり伺った上で適切なご提案をさせて頂きます。

二重まぶた 目の整形の診療項目

よくある質問

保険適応で施術は可能ですか?

保険適応での施術には対応をしておりませんが、目の組織を熟知した医師が正しい知識と高い技術でご施術に当たらせて頂いております。

子供は施術を受けることができますか?

16歳以上でしたら、ご施術が可能でございます。未成年の方は、「未成年の患者様へ」をご覧下さい。

傷跡は残りませんか?

傷跡は、時間の経過と共に回復します。約3ヶ月後には赤味も引き、キレイになりますのでご安心下さい。ただし、個人差もございますため、長くても半年ほどを様子を見て頂きますと良いでしょう。

術後数年後に、また眼瞼下垂の症状は出てきますか?

基本的に再発の可能性はございません。しかし、他の疾患の影響により開眼に支障をきたす場合がございます。その場合は、正しく見極める必要がございますので、再度受診をお願いします。

【本ページを監修した医師情報】

<医師名>
大阪院院長 田川大地


<医師の経歴>
平成24年 水の森美容外科大阪院院長就任

<所属学会情報>
日本美容外科学会 正会員
日本美容外科医師会 正会員
BOTOX VISTA®認定医
ジュビダームビスタ®認定医