ほうれい線とは

鼻の両脇から口の両端まで伸びる線のことをほうれい線と呼びます。医学的には、鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれています。加齢ともにほうれい線が目立ち始め、その深さが他人から見た目年齢に大きく影響すると言われています。

ほうれい線の原因

若いうちは皮膚全体が、皮膚や結合組織の主成分であるコラーゲン弾性繊維によって隙間なく規則正しい配列で埋められています。

ほうれい線の原因は

加齢と共に少しずつ隙間ができて配列に乱れが生じ、肌のハリが失われ表情筋の引き込みによる力も弱まり、口元に折れ癖がつきシワとなるのが「ほうれい線」です。

加齢と共に少しずつ隙間ができて配列に乱れが生じ、肌のハリが失われ表情筋の引き込みによる力も弱まり、口元に折れ癖がつきシワとなるのが「ほうれい線」です。

メスを入れることなく、ヒアルロン酸注射のみでお手軽にシワのボリュームUPし“ほうれい線をなくしたい”というお悩みに最も適切なのはヒアルロン酸注射です。

メスを入れることなく、ヒアルロン酸注射のみでお手軽にシワのボリュームUPし“ほうれい線をなくしたい”というお悩みに最も適切なのはヒアルロン酸注射です。
 

ヒアルロン酸注射の特徴

患者様のシワの深さに合わせてデザインし、ほうれい線に適した硬さのヒアルロン酸を真皮深層に注射しボリューム UPを行います。

  • 施術費用 3,000円+ 製剤代(税抜・会員価格)
    リスク・副作用 【内出血】1~2週間
    対処法 内出血は時間の経過と共に改善します。内出血が茶色くなりましたら、お化粧にて、目立たなくさせることができます。
  • 施術費用 3,000円+ 製剤代(税抜・会員価格)
    リスク・副作用 【内出血】1~2週間
    対処法 内出血は時間の経過と共に改善します。内出血が茶色くなりましたら、お化粧にて、目立たなくさせることができます。
  • 施術費用 3,000円+ 製剤代(税抜・会員価格)
    リスク・副作用 【内出血】1~2週間
    対処法 内出血は時間の経過と共に改善します。内出血が茶色くなりましたら、お化粧にて、目立たなくさせることができます。

このような方が向いています

自然な感じのリフトアップ

切るエイジングケアは怖い

ダウンタイムの長い治療はしたくない

即効性を実感したい

このような方が向いています

施術について

ヒアルロン酸にはいくつか種類があり、注射箇所に応じて使うことがベストな選択です。 シワを埋めようという感覚で注射すると、『皮膚の凸凹』や『ミミズ腫れ』などになり症例もあります。 凸凹しない為に、ほうれい線の注射には適さない、“柔らかい製剤(水っぽい製剤)”の注射や“少量のみの注射”をした場合は、あまり改善の実感がなかったり、シワには馴染みやすいが、持続期間が短く、注射後早い時期に効果が消えてしまいます。こうした事例を防ぐ為にベストなヒアルロン酸の選択が必須です。

施術について

水の森美容外科の注入方法

当院では凸凹やミミズ腫れを防ぐため、ほうれい線の凹みに対し“面状”にヒアルロン酸を注射します。 真皮深層から全体的にボリュームを出し、ほうれい線の溝を均一に埋められ、どのような表情でも自然で若々しい印象に仕上げることが可能です。

こだわりの注射方法とは

ヒアルロン酸は上記のように何度か追加を重ねていくと、かなり長期間持続するようになります。 当院のカウンセリングでも、『ヒアルロン酸の持続期間は、約半年から1年ほど』と説明しておりますが、この期間というのは“ヒアルロン酸が完全に吸収する期間”ではなく、“実際に効果を実感して頂ける期間”としてお伝えしております。(完全にヒアルロン酸が吸収されるまでは、おおよそ5年程といわれています。) その為、1回目の注射で馴染んでいくスピードに比べ追加し、蓄積したヒアルロン酸は長期間持続しますので、患者様がイメージするような半年~1年おきに毎回注射しなくてはいけないというものではありません。 3~4回定期的に注射された患者様の場合は、しばらく注射の必要がないケースがほとんどです。

ヒアルロン酸注射の処置期間・アフターケア

施術時間

10分

患部の状態

内出血が部位によっては1~2週間程度出る場合があります。 部位によっては軽度の腫れが3~4日程度出る場合があります。 時間の経過と共に改善してきますので、ご安心ください。

衛生

当日からメイク・洗顔が可能となります。 注射後1週間程度は注射部位を触りすぎたり、マッサージしたりしないようにしてください。

アフターケア

注射後1週間程度はヒアルロン酸注射部位を触りすぎると、 吸収が早くなることがありますのでお気を付けください。

アフターケア

施術を受ける際の注意点

①ほうれい線は皮膚が薄い部位のため、注射の際に多少なりとも出血します。 出血を防ぐ処置としては圧迫止血になります。 そのため注射しながら、しっかり圧迫行って丁寧に注射していくことが、腫れや内出血を抑えるポイントとなります。 当院では丁寧に圧迫止血をしながら、ヒアルロン酸を注射していきますので、大きく腫れてしまうことはほとんどございません。又、個人差はございますが注射後1~2週間程、注射部位に内出血が出る可能性がございますので、大切なご予定がございます場合はお日にちに余裕がある日程をお勧め致します。

②ヒアルロン酸注射の際に、神経ブロックという麻酔注射を使用いたします。 そのため、2~3時間程口周りが麻痺した状態になりますので、熱いものを召し上がる際はお気をつけ下さいませ。

施術を受ける際の注意点

ヒアルロン酸注入の診療項目

よくある質問

ほうれい線にヒアルロン酸を注入すると若く見えますか?

ほうれい線は年齢とともに深くなり老けたような印象に見られてしまいます。
ヒアルロン酸を注入してほうれい線を浅くすることで若々しく見えます。

同じ部位にヒアルロン酸を注射するのに、最低どれくらい期間を あける必要がありますか?

特にございません。きになるようでしたらいつでも無料でカウンセリングを行っておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。

飲酒、喫煙はいつから可能ですか??

血行促進により内出血の可能性があるので施術当日はお控えください。

ヒアルロン酸注入により副作用はありますか??

副作用を起す可能性は極めて低く、安心して治療を受けていただけます。

【本ページを監修した医師情報】

<医師名>
大阪院院長 田川大地


<医師の経歴>
平成24年 水の森美容外科大阪院院長就任

<所属学会情報>
日本美容外科学会 正会員
日本美容外科医師会 正会員
BOTOX VISTA®認定医
ジュビダームビスタ®認定医