1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. ヒアルロン酸注入
  4. ヒアルロン酸:鼻のよくあるご質問

よくあるご質問

ヒアルロン酸:鼻に関するご質問

ヒアルロン酸:鼻に関するご質問

ヒアルロン酸:鼻注入後に横に広がったり、太くなったりしませんか?
ヒアルロン酸は注入時にはシャープで高さを出して入れていたとしても、時間経過とともに馴染んで少しずつ低くなっていきます。そして馴染むとともに横に少しずつ広がる傾向があります。やはり常に入れたばかりの高くてシャープな状態を保っておきたいというのが患者様の当然の願いだと思いますが、あまり短い間隔で何度も何度も繰り返し注入していると、気が付いたら鼻筋が太くなってしまったということもあり得ます。こうならないためにはあまりシビアに注入当初の状態を求めすぎるのではなく、ある程度馴染んでから次を注入するということが大事です。当院では注入する前に現在の状態を拝見させて頂いて、今回どの位の量を注入するか、また次回はどの位の期間を開けるのが適切かなどご提案させて頂き、太く不自然になり患者様に不利益にならないように努めています。また、当院では使用するヒアルロン酸にもこだわりがあります。ヒアルロン酸は柔らかいものほど馴染むのが早いので持続期間が短く感じられ、横への広がりやすさも強くなってしまいます。当院で鼻のヒアルロン酸にご用意している製剤は硬く、長期持続型のものを使用しています。このため高くてシャープな状態を長期間保っておけるメリットがあります。
ヒアルロン酸:鼻太くなったり高すぎたら溶かせますか?
ヒアルロン酸を入れすぎて不自然になってしまった場合には、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸溶解剤がございます。ヒアルロン酸が注入されている部位に注射するとヒアルロン酸が溶解して2、3日ほどで吸収されて無くなってくれるのでご安心下さい。ヒアルロン酸の再注入をご希望される場合には一週間ほど開けて頂ければ可能です。
ヒアルロン酸:鼻自分ではどのくらいの高さが綺麗なのかが分かりません。自然で理想的な高さはどのくらいですか?
自然でかつ鼻筋がしっかり通る理想的な高さを当院では「理想値」と呼んでいます。これは皆さんに共通しているのですが、「理想値」とは具体的にいうと、横顔を見たときに目と眉毛の中間から鼻の高さが始まり鼻先までを結ぶラインです。あとはそれぞれの患者様ごとにご希望の高さは違うので、控えめな高さにしたり逆に高めに仕上げることも可能です。もし初めての注入でどの位の高さが良いか迷われたときには、「理想値」に合わせて頂くことをお勧めします。
ヒアルロン酸:鼻不自然な仕上がりにならないですか?
患者様によってご希望の鼻の高さはそれぞれです。控えめから高めまでご希望の高さに調節は可能ですが、あまりにも高くしてしまうと眉間と同じ高さから鼻筋が続くようないわゆる映画の「アバター」のような状態になりかねません。一般的にこれは不自然だといわざるを得ないでしょう。また、何度か繰り返し注入されている方の中には、感覚が麻痺してどんどん高くなり、気づいたらアバター状態になってしまったという患者様もいらっしゃいます。当院ではカウンセリングの際に不自然にならないようにしっかりご説明させて頂き、すでにお鼻が高い場合にはヒアルロン酸注入をお勧めしないこともあります。まずはしっかりご相談頂くことが大切でしょう。
ヒアルロン酸:鼻他人にバレませんか?
最初からあまり高くしてしまうと、当然ですが注入前後で変化も大きくなり他の人も違和感を覚えやすくなるでしょう。しかし、自然な高さにすることで違和感は少なくなり、あったとしても「あれ、お化粧を変えたのかな?」程度だと思います。もしご心配であれば、はじめは控えめな高さにしておいて、少しずつ追加注入することも可能ですのでご安心ください。
ヒアルロン酸:鼻ヒアルロン酸で希望通りの鼻の形にできますか?
患者様がご希望されるお鼻の形をヒアルロン酸注入のみで必ずしもできるとはかぎりません。理想に近づけるためには、数ある鼻の手術の中から最適なものを組み合わせる必要がある場合がございます。カウンセリングの際に患者様のご希望をお伺いし、お顔を拝見させて頂いた上でご提案させて頂きます。
ヒアルロン酸:鼻鼻先を高くすることはできますか?
ヒアルロン酸注入では鼻先を高くすることはできません。鼻先は皮膚が厚く硬いので、ヒアルロン酸を入れても高くシャープな形を作ることができず、仮に注入した場合には鼻先のボリュームだけが大きくなりダンゴ鼻が強調されてしまう可能性があります。鼻先を高くシャープにするためには鼻尖修正という手術が必要です。
ヒアルロン酸:鼻目が離れているのが気になります。鼻が高くなると目を近づける効果があると聞いたのですが、本当ですか?
鼻先を高くしても実際に両目の距離が近くなったり、目頭の皮膚が引っ張られて内側に目が大きくなるわけではございません。しかし、点と点の中間に線を描くと錯覚で点の距離が近く見えるように、目と目の間に鼻筋が通ることで両目が近づいたような印象になります。これが鼻を高くすると目が近づくという話の真相です。
ヒアルロン酸:鼻注入後にメガネはかけられますか?
もちろん可能です。強い力を加えてしまうと変形してしまう可能性も否定できませんが、メガネをかけたくらいではヒアルロン酸の形が変わってしまうことはないのでご安心ください。
ヒアルロン酸:鼻わし鼻も修正できると聞いたのですが、どのような方法ですか?
わし鼻とは鼻を横から見たときに、鼻根部は低く鼻の中央から先が出っ張っている状態のことを言います。これをヒアルロン酸で修正する場合、鼻根部の低い部位に注入して出っ張りの高さに合わせてくる方法になります。これにより横からのお鼻の形をまっすぐ綺麗に整えることができます。もし、鼻根部の高さを変えずにわし鼻を修正したい場合には、わし鼻修正の手術が適応となることがございます。
ヒアルロン酸:鼻すでにプロテーゼが入っていても注入は可能ですか?
はい、プロテーゼの上にヒアルロン酸を注入することは可能です。
ヒアルロン酸:鼻注入後に鼻をかんでも良いですか?
もちろん可能です。強い力を加えてしまうと変形してしまう可能性も否定できませんが、普通の力でお鼻をかんだくらいでヒアルロン酸の形が変わってしまう心配はないのでご安心ください。
ヒアルロン酸:鼻鼻が高くなると鼻の付け根のシワは消えますか?
鼻を高くしてもシワを消す効果には乏しく、良くて多少シワが薄くなる程度です。シワを消そうと思って多量に注入してしまっては、シワは浅くなってもとんでもなく不自然だと本末転倒ですね。鼻根部のシワにはボトックス注射が有効な場合が多いので、一度カウンセリングでシワの状態を拝見させて頂ければと思います。
ヒアルロン酸:鼻丸顔で平坦な顔を気にしています。鼻が高くなれば立体的でシャープな印象になりますか?
はい、お鼻を高く鼻筋を通すことでよりシャープな印象のお顔立ちにすることができます。さらに、丸顔をよりほっそりさせるためにはフェイスラインの脂肪吸引もしくは脂肪溶解注射、エラのボトックス注射、顎へのヒアルロン酸注入もしくはプロテーゼ挿入などを組み合わせることが効果的です。ご自身に合った方法をご提案させて頂きますので、一度カウンセリングにお越し頂ければと思います。
ヒアルロン酸:鼻手術と比べてヒアルロン酸のメリットは何ですか?
手術のように術後の腫れや内出血、痛みといったダウンタイムがほとんど無く、注入直後からお化粧して人前に出ることも平気です。この手軽さがヒアルロン酸の最大の魅力ではないでしょうか。
ヒアルロン酸:鼻他院でエンドプラストを勧められたのですが、安全ですか?危険はありませんか?
エンドプラスト、エンドプロテーゼは注射で簡単にできて、永久的に高い状態を継続できることを売りにして推奨しているクリニックもあるようですが、エンドプラストにはデメリットも多く、お勧めの治療法とはいえません。デメリットの一つは仕上がりが綺麗になりにくいというところです。不自然に太くなったりいびつな形になったまま固まってしまい、それが永久的に残ったとしても意味がありません。また、抜去したくなっても取り除くことが困難であることもデメリットでしょう。
ヒアルロン酸:鼻レディエッセのメリット、デメリットはありますか?
レディエッセは歯や骨を形成する“カルシウムハイドロキシアパタイト”が主成分のジェル状製剤です。メリットとしていわれることは時間をかけて体内に吸収されるためヒアルロン酸よりも長期間持続することがあげられています。しかし、レディエッセはヒアルロン酸と同様にジェル状物質であり、個体ではないので同じ形状を保てるわけではありません。結局は時間経過と共に馴染んで拡散していきます。確かに吸収されて無くなるまでの期間は長いのですが、馴染んですでにお鼻が低くなった状態で持続しても、はたしてそれがメリットといえるでしょうか。注入した製剤が馴染んで患者様が気になってくるまでの期間は、当院で鼻の注入に用いる長期持続型のヒアルロン酸と大きな差がないのが現実です。また、レディエッセは非常に高額で、一般的に当院でのヒアルロン酸注入の4?5倍の費用がかかってしまいます。さらに、レディエッセを入れ過ぎて鼻が太くなったり、高すぎてアバター状態になっても、ヒアルロン酸と違って溶かすことができないことも大きなデメリットといえます。これらのことから、レディエッセは吸収されにくいことをうたい文句にしたクリニックの広告的な要素が強く、患者様にとってのメリットが非常に乏しい治療法だといわざるを得ないでしょう。