無料相談カウンセリング予約・お問い合わせ

太もも・お尻の脂肪吸引

太もも・お尻の脂肪吸引

このようなお悩みはありませんか?

お尻を小さくしたい

スラっとした脚になりたい

太ももの外側が張り出している

膝の膨らみをなくしたい

太ももの内側にすき間を出したい

お尻を小さくしたい
スラっとした脚になりたい
太ももの外側が張り出している
膝の膨らみをなくしたい
太ももの内側にすき間を出したい

症例写真 CASE

30歳 女性

BEFORE
AFTER
つけ根
53cm → 44cm
マイナス9cm
膝周り
42cm → 35cm
マイナス7cm
施術部位
太もも全周・お尻
施術費用(総額)
658,900円(税込)
リスク・副作用
痛み、腫れ、むくみ、内出血、皮膚の硬さ(拘縮)、しびれ、傷口の赤味

33歳 女性

BEFORE
AFTER
つけ根
52cm → 45cm
マイナス7cm
膝周り
40cm → 37cm
マイナス3cm
施術部位
太もも全周・お尻
施術費用(総額)
658,900円(税込)
リスク・副作用
痛み、腫れ、むくみ、内出血、皮膚の硬さ(拘縮)、しびれ、傷口の赤味

29歳 女性

BEFORE
AFTER
つけ根
53cm → 46cm
マイナス7cm
膝周り
39cm → 35cm
マイナス4cm
施術部位
太もも全周・お尻
施術費用(総額)
658,900円(税込)
リスク・副作用
痛み、腫れ、むくみ、内出血、皮膚の硬さ(拘縮)、しびれ、傷口の赤味

その他の症例写真一覧はこちら

水の森が選ばれる理由 REASON

  • 01.徹底した吸引量

    従来用いられていた技術を、当院独自に改良。
    “ムラなく、安全にギリギリまで吸引”
    “吸引量への自信がなせる、施術前後のサイズ測定”

    クリスクロス法について

    リサーフェイシング法について

  • 02.開院から事故件数「0件」

    目に見える変化も大切。
    でも、安心・安全はもっと大切。
    “年間の症例件数 1,000件以上*”
    “医療体制・設備・施術中モニタリングの徹底”

    *2021年1月~12月の4院合計施術数

  • 03.術後も完成までサポート

    施術で終わりではなく、水の森は最後まで。
    “1・3ヶ月検診以外にも、検診は何度でも無料”
    “完成まで手厚いサポート”

太もも・お尻の
脂肪吸引について
WHAT’S

脂肪の層と部位

脂肪は、2つの層に分かれています。

皮下脂肪層
毛細血管や神経が通る、皮膚に近い部分の層。ダイエットなどで反応しやすい脂肪。

LFD
筋肉に近い深い層にある脂肪。ダイエットでは反応しにくく女性特有の脂肪で太ももに多い。

上の図について、色の濃い部分には、LFDが多くついており、それ以外の部分には、皮下脂肪のみがついています。

お尻のふくらみ・太もも内側のふくらみ・膝周りの脂肪は、LFDが原因と言えるのです。

吸引部位

太もも・お尻の脂肪吸引では、前面・後面・内面・外面の5部位に分けて、吸引を行います。

各部位へのアプローチ

“お尻(臀部)” 吸引のバランスが大切

お尻(臀部)は、取るべき部分・残すべき部分のバランスが重要になります。

外側から後面にかけては、取り残しが目立つ部分ですので、当院独自のクリスクロス法とリサーフェイシング法でしっかり吸引を行います。

反対に、お尻(臀部)下部は取りすぎるとたるみの原因になるため、適切なボリュームを維持しつつ吸引します。

このように、お尻全体ではなく一部を吸引する場合が多いです。

“外面” 外側の張り出しをしっかり吸引

患者様の中でも、気にされる方が多い太ももの外側の張り出しはしっかりと脂肪を吸引しなければ効果を実感できない部分です。

浅い層の皮下脂肪と深い層のLFDがついている部分ですので、確実に脂肪を取り除くと共に、綺麗なラインになるよう仕上げていきます。

“内面” 頑固で取り残しが多いからこそ丁寧に

BEFORE
AFTER

太ももの内側は、脂肪が頑固な部分で非常に吸引もしにくい部分になります。そのため、しっかりと丁寧に吸引を行わなければすき間ができず、デコボコになりやすい部分でもあります。

当院では、クリスクロス法を応用し、丁寧にギリギリまで吸引を行い綺麗な仕上がりにしていきます。

“膝周り” 気になる膨らみをすっきりと

BEFORE
AFTER

膝横の膨らみや膝上の脂肪は、取り残しの多い部分でもあります。そのため、膝横に関しては、前側・後側からと方向や角度を変え、クリスクロス法を用いて少しずつ丁寧に吸引を行います。

太ももの内側の吸引に加え、この膝横や膝上の脂肪も取り除くことで内側のすき間を作っていきます。

施術のポイント POINT

  • 1

    施術は全て“手作業”

    当院では、カニューレを用いたシリンジ法で施術を行っています。
    そのため全て医師が手作業で吸引を行います。
    最近では、ベイザーや超音波式機器、ボディージェットなどさまざまな吸引方法がありますが、水の森では使用しません。

    当院は、結果にこだわります。

    最新の機械は、経験の浅いドクターでも使用できたり、広告活用など“クリニック側の都合”で使用されるケースが増えています。
    ですが、脂肪吸引の結果は“医師の技術”によって決まります。
    当院では、熟練の技術を持った医師が患者様お一人ひとり、丁寧に手作業で、そしてしっかり吸引を行います。

  • 2

    吸引量へのこだわり

    当院は、ギリギリまでムラのない吸引を行います。
    それを可能にするのが、従来の方法を応用したクリスクロス法とリサーフェイシング法を組み合わせて行う吸引です。

    クリスクロス法は、ムラなく脂肪を吸引するために1方向からのみでなく2~4方向から吸引する方法です。
    取り残しが多い部分に対しては、複数の方向からアプローチすることで、ムラなく吸引することができます。
    また、吸引する“層の深さ”も考慮した3次元の吸引技術で、より一層取り残しなく吸引していきます。

  • 3

    デザイン技術と
    サイズ測定

    事前のカウンセリングで、医師がお悩みや疑問などしっかり時間を取ってお伺いします。
    その上で、患者様一人ひとりのお身体の状態や気になる部分などを考慮した、入念なデザインを行います。

    そして術前はもちろん、術後もサイズ計測を必ず行います。
    吸引量と技術に自信があるからこそ、目に見える数字で効果を実感いただけます。

    実際に、脂肪吸引の施術に密着した動画でも、当院のポイントをご確認いただけます。

アフターケア CARE

  • 手術中
    手術当日
    8日目(抜糸日)

    スキンプロテクター

    脂肪吸引では、数ヶ所の傷口(数ミリの大きさ)から、カニューレを通して吸引を行います。この傷口をカニューレが何回も通過するため、摩擦によって色素沈着ができやすくなります。

    当院では、全ての傷口にスキンプロテクターを装着し、傷口の保護を行うことで、創部に与えるダメージを最小限に抑えています。

    また、創部は患者様の気になりにくい位置であり、適切な縫合と施術中にもケアを行い、最小限に抑える工夫をおこなっています。

  • バランス麻酔

    施術中は、静脈麻酔によって眠っている間に施術が終わっているというケースがほとんどですので、痛みを感じることはほぼございません。

    ですが、術後に麻酔による気分不快が生じる場合がございます。

    気分不快を最小限に抑えるため、麻酔量や配分を調整する“バランス麻酔”を当院では行っています。

  • ドレナージ

    当院では、施術当日に吸引した傷口をあえて縫わず、翌日に縫合します。

    これにより、身体の中の麻酔液などの水分を出すことで、翌日以降の腫れやむくみの軽減に繋がります。

    この処置を、当院では“ドレナージ”と呼びます。

    太ももやお腹の脂肪吸引の場合、術後1ヶ月検診までの間に、3~5日に1回の頻度で水抜きを行い、術後の回復を早めていきます。

  • 術後のアフターフォロー

    水の森美容外科は、ダウンタイムを安心してお過ごしいただけるよう、最後まで責任を持ってフォローいたします。

    術後の無料1ヶ月・3ヶ月検診に加え、なにかご不安なことや気になることがあれば、何度でも無料の検診でその都度ご相談ください。また、医師に直接のメール相談も可能です

施術の流れ FLOW

ご予約

当院の無料カウンセリングは完全予約制です。ご希望のお日にちにて、メール・お電話からご予約ください。

ご来院

受付後、問診表ご記入し医師との診断になります。どのくらい脂肪が取れそうか、また効果やリスクまで丁寧に説明いたします。

診察

医師に聞きそびれた事やご不明点をカウンセラーが伺います。施術をご意向の場合は、そのままお手続きや血液検査も行えます。

※カウンセリング当日は施術はいただけません。

施術当日ご来院

ご来院後、お手続きや体調確認をし、術前の写真撮影とサイズ計測を行います。

デザイン

医師により入念にデザインを行います。
デザインを丁寧に行うことでラインをキレイに調整できます。

施術開始

施術室にて麻酔をかけ吸引を行っていきます。
眠っている間に終わりますのでご安心下さい。

終了・ご帰宅

術後、創部に包帯を巻き、合羽とお洋服を着用いただきます。その後、リカバリールームへ移動しベッドでお休みください。体調を確認しながら、ご帰宅可能なタイミングでお帰りいただきます。

安全のために SAFETY

当院では安全性を考慮し、BMI数値が35以上の方はカウンセリング、ご手術共にお断りをさせていただいております。

また、BMIが32~34.9の方へはカウンセリングにて状態を拝見し、医師の判断によってはご手術をお断りする可能性がございます。
予めご了承くださいませ。

【BMI35の目安】
  • ・身長155cmの場合 85kg
  • ・身長160cmの場合 89kg
  • ・身長165cmの場合 96kg

料金 PRICE

部位ごと

太もも(太腿)内側
295,900円(税込)
太もも(太腿)外側
295,900円(税込)
太もも(太腿)前面
295,900円(税込)
太もも(太腿)後面
295,900円(税込)
お尻(臀部全体)
350,900円(税込)
ふくらはぎ(下腿~足首)
295,900円(税込)

セットプラン

太もも全面・お尻一部
658,900円(税込)
太もも2面
426,800円(税込)
太もも3面
579,700円(税込)
太もも4面
585,200円(税込)

圧迫物

ロングガードル(黒)
(サイズ:3S・SS・S・M・L・LL・3L)
23,100円(税込)
フルガードル(黒)
(サイズ:SS・S・M・L・LL)
26,400円(税込)
ふくらはぎバンテージ
(サイズ:S・M)
5,500円(税込)
着圧ストッキング
(サイズ:S・M・L・LL)
11,000円(税込)
  • ※全て両足の料金です。
  • ※施術費とは別に圧迫着・血液検査代が必要となります。
  • ※圧迫着はご持参いただくことも可能ですが、圧迫が足りない場合は、当院の圧迫物をご購入いただいております。

よくあるご質問 Q&A

脂肪を全て取りきることはできますか?

1度の施術で、全ての脂肪を取り切ることは現実的に不可能です。
実際の施術では、各部位ごとに1度に吸飲できる脂肪量には限界があり、取りすぎてしまうと健康にも支障をきたしてしまいます。
また、お身体のラインや左右のバランスなど、総合的に確認したうえで施術を行いますので、皮1枚にするなど全ての脂肪を取り切ることはできません。

合併症や副作用はありますか?

一般的に、脂肪吸引の合併症と呼ばれるものには、皮膚の凸凹や色素沈着などが挙げられますが、正常の範囲の症状ですのでご安心ください。
また、術後の痛みや内出血、腫れも正常の経過において現れるものですのでご安心ください。

ベイザー脂肪吸引とどちらが効果がありますか?

手作業による脂肪吸引とベイザー脂肪吸引は、どちらも効果はあると思います。
吸引量の違いは、機械と人の手ではなく、担当医が最後までしっかりと丁寧に吸引をしたかどうかです。
ベイザーを使用しても、ギリギリまで吸引できていなければ、取り残しが出てしまいます。
当院は、確かな技術と知識を持った医師が、ギリギリまで吸引を行いますので、効果を実感いただけるはずです。

膝の脂肪が気になります。施術範囲に含まれますか?

膝関節自体の丸みは吸引することはできません。しかし、膝関節に乗ってくるような膨らみはギリギリの部位まで吸引できますのでしっかりとした変化が出ます。

失敗することはありますか?

失敗といわれる事例としては、皮膚の凸凹や取り残しなどが挙げられるかと思います。
当院では、そのような事象が起こらないよう、丁寧かつ確実な施術で対応しております。

その他の質問はこちら

監修医情報 DIRECT

大阪院院長

津田 智幸

Dr.Tsuda

所属学会・取得学位

  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員
  • 日本マイクロサージャリー学会 正会員
  • 日本美容外科学会 正会員
  • 日本抗加齢医学会 正会員
  • 日本顔学会 正会員
  • BOTOX VISTA®認定医
  • ジュビダームビスタ®認定医
  • アメリカ心臓学会 ACLS プロバイダー
  • 日本美容外科医師会 正会員

皆様ご自身のコンプレックスを克服し、QOL(quality of life:生活の質)の向上に少しでもお役に立てることが出来れば、一緒にゴールを目指してお手伝いさせて頂ければ幸いだと思います。

Instagramはこちら

水の森美容外科の
医療技術交流
EXCHANGE

当院では、中国をはじめ海外からの患者様に多数ご来院頂いております。ご帰国後も安心してアフターフォローを受けて頂けるよう、上海にある盛美容外科様と提携し、術後の検診についての技術交流を行いました。

技術交流先:盛美容外科様