目は顔の印象を決定するパーツとも言われ、目の形により切れ長美人、丸い目で可愛らしい雰囲気など様々な印象を与え、当院でも大変ご相談の多い部位になります。 患者様お一人お一人のご要望、様々なお悩みに応えられるよう 当院では様々な施術法をご用意しております。 是非、皆さんの思い描いたお目元をお聞かせください。

水の森美容外科のこだわりポイント

  • こだわりの麻酔量と手技で痛みや腫れ、内出血を極限まで抑えた施術
  • 安心のアフターケアとしていつでも無料で検診を行っておりますので、何か気になった際は、お気軽にご連絡くださいませ。
  • 選べる保障プランもご用意しております。(二重埋没法)
  • 二重幅を広くしたい場合、狭くしたい場合もご相談くださいませ。
津田院長カウンセリング風景

症例一覧

二重埋没法

二重埋没法
施術費用
65,890〜142,890円(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感・ゴロゴロ感・腫れ】…1~2週間程度

二重切開法

二重切開法
施術費用
273,900円(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】…1週間程度【腫れ・内出血】…ピークは1~2週間程度【傷口の赤味】…3か月

眼瞼下垂

眼瞼下垂法
施術費用
427,900円(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】…1週間程度【腫れ・内出血】…ピークは1週間程度【傷口の赤味】…3か月

目頭切開法

目頭切開法
施術費用
218,900円(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】…1週間程度【腫れ・内出血】…ピークは1週間程度【傷口の赤味】…3か月

たれ目形成

たれ目施術法
施術費用
361,900円(税込)
リスク・副作用
【痛み・内出血・熱感】…2週間程度 【傷口の赤味】…3か月

たれ目ボトックス

たれ目ボトックス
施術費用
27,500円(税込)
リスク・副作用
【内出血】…1〜2週間程度

涙袋ヒアルロン酸

涙袋ヒアルロン酸
施術費用
 61,600円(税込)
リスク・副作用
【内出血】…1〜2週間程度

眉下切開(眉毛下皮膚切除)

眉下切開(眉毛下皮膚切除)
施術費用
218,900円(税込)
リスク・副作用
【腫れ・赤み・むくみ】…ピークは1週間

このようなお悩みの方へ

 

「ぱっちり二重にしたい」

お目元をぱっちり二重にする方法には埋没法切開法の2つの方法があります。二重幅を広げたい方にもオススメです。 実際のカウンセリングでは双方の手術のメリット、デメリットをきちんとご説明いたしますので皆様のライフスタイルに合った選択をしていただけます。

ぱっちり二重にしたい
 

「永久的な二重にしたい」

埋没で作った二重は年を経るごとに幅が狭くなってしまうことがあります。切開することに永久的なラインを維持できます。 また瞼の厚みで二重が薄くなってしまった、たるみにより二重のラインが変わってしまった方などにオススメです。

永久的な二重にしたい
 

「目の開きをよくしたい」

生まれつき、目の開きが良くない、加齢により目の開きが悪くなったなどの方にオススメの施術です。二重幅を大きくしつつぱっちりしたい方には特にオススメな治療です。

目の開きをよくしたい

二重まぶたになる仕組みとは?

一重まぶたの方と二重まぶたの方では下記のような構造の違いがあります。どのような違いがあるか、下記をご覧ください。

二重まぶたになる仕組みとは?

一重まぶたと二重まぶたの違い

瞼板(A)と言われる組織に眼瞼挙筋(B)といわれる筋肉が付着しており、引き上げる事で目が開きます。 (A)が引っ張られると相対的に皮膚は②の方向へ垂れ下がる為、黒目があまり見えていない状態となるのが一重です。 まぶたの皮膚が②の方向へ垂れ下がるため、まつ毛も上を向きません。

一重のポイント

一重まぶたと二重まぶたの違い

目つきが悪く見えてしまう、暗い印象に見えてしまう。 まつ毛も下に向きがちに。



二重まぶたの構造

二重まぶたの構造

二重は眼瞼挙筋の枝が皮膚の方まで伸びて付着しています。 眼瞼挙筋(B)が瞼板(A)を引っ張り開眼する際に、同時に眼瞼挙筋(B)の枝が皮膚を引き込み、上図の様に折り重なり二重になります。 この時Cの地点(瞼縁といいます)が上に持ち上がる事で黒目が大きく見えます。 二重の幅は患者様の好みになります。 眼瞼挙筋の枝の代わりを作る事が二重の手術という事になります。

二重のポイント

二重まぶたの構造2

黒目が大きく見え明るい印象、まつ毛が上向きになります。

 

「目と目を近づけたい」

日本人の顔には、目頭の部分を覆っている蒙古ヒダがあります。 ヒダにより目が小さく見えたり、目が離れてみえます。 目頭切開で蒙古ヒダをとる事で、横方向に目を大きくしたり、目の 距離を近く出来ます。 変化の度合いは蒙古ヒダの張り具合により異なりますので、カウンセリングにて判断し、きちんとご説明いたします。

「目と目を近づけたい」
 

「目をとにかく大きくしたい」

目を縦方向に大きくする方法は二重の手術(眼瞼下垂の手術も含む)やたれ目の手術があります。横方向に大きくする方法としては目頭切開や目尻切開があります。

「目をとにかく大きくしたい」

目を大きくする場合、一般的に二重の手術希望が多いです。 目を大きくする為にに、二重の幅ばかり大きくしようとすると不自然になります。 当院では皆様の自然に大きくみえるラインで二重をつくります。 さらに大きくされたい場合は目頭切開やたれ目の手術を併用すると効果的です。 縦と横に大きくすることで、不自然にならず、最大限目を大きくすることができます。

 
 

「たれ目にしたい」「目が吊り上っている」

つり目はきつい印象に見えてしまいます。 たれ目にすることで、優しくかわいらしい印象になり目も大きく見せることができます。

「たれ目にしたい」「目が吊り上っている」
 

「プチ整形で印象を変えたい」

ダウンタイムも少なく、元に戻すことも可能です。 切開系の施術のシュミレーションとして行う方も多いです。 当院の埋没法は改良を重ね徹底的に腫れをおさえることに成功しました。 ほとんど腫れませんので翌日からの仕事にも支障を与えません。 ヒアルロン酸の涙袋への注入は涙袋を大きくする事により、くりっとした可愛らしいお目元を作る事ができます。また、涙袋がぷっくりすることでより若々しい印象を与える事ができます。

「プチ整形で印象を変えたい」
 

「瞼が腫れぼったい 」

目の瞼はむくみが出やすいパーツです。 夜はすっきりしているのに朝、目が腫れぼったいという経験はありませんか??(たとえばお酒をよく飲んだ次の日など) むくみは塩分摂取量が多い、水分摂取量が多い、また加齢により筋肉の劣ろえなども原因の一つに上がります。 一見、目の上の脂肪取りで解決すると思われがちですが、水の森美容外科では、目の上の脂肪取りは将来的に目の凹みに繋がる可能性もあるため、あまりお勧めをしておりません。 実際、目の上の脂肪取りではなく二重術で目の上がすっきりされ方が 大勢いらっしゃいます。 当院では、どの施術が患者様にとっても最適なのかを見極めてご提案をしております。

瞼が腫れぼったい

二重・目元の整形・施術一覧の診療項目

診療項目一覧

よくあるご質問

よくあるご質問

【二重埋没法】糸が取れたのは自分でわかりますか?取れるとどうなるのでしょうか?

二重のラインが薄くなったり、一重に戻ってしまった場合、糸が取れてしまっている可能性があります。
その際は、状態を確認いたしますので当院までご連絡くださいませ。

2年保障、5年保障で施術を受けられた方は保障期間内であれば、糸を無料で留め直すことができます。

【二重切開法】二重切開法は二重が取れる可能性は無いとの事ですか本当にとれませんか?

取れる原因は、きちんとした内部処理が行われていないことが
原因と思われます。内部処理がきちんとなされた手術であれば取れることは無く永久的な二重となります。

【眼瞼下垂】術後数年後に、また眼瞼下垂の症状は出てきますか?

基本的に再発の可能性はございません。しかし、他の疾患の影響により開眼に支障をきたす場合がございます。その場合は、正しく見極める必要がございますので、再度受診をお願いします。

【目頭切開法】一般的に目頭を何ミリくらい切開するケースが多いのでしょうか?

切開する長さは、ご希望される目の変化によって異なってきます。小さな変化を望む場合は短めの切開で、大きな変化を望む場合は長めの切開を行うことになります。患者様の顔全体のバランスを考えて、どの程度の変化にすると適切か?を術前のカウンセリングでご納得ゆくまで相談させていただいて決めます。また術中に調整することも可能です。

【たれ目形成術】目を大きく見せたいのですがたれ目の手術で良いのでしょうか?

お目元の状態に合わせてご提案出来るご施術が異なるかと思います。埋没法・二重切開や目頭切開・目尻切開などのご施術が良い場合もございます。一概にたれ目の手術がよいとは言えないため、一度カウンセリングにお越しください。

【本ページを監修した医師情報】

<医師名>
大阪院院長 津田智幸

<医師の経歴>
平成27年 水の森美容外科大阪院 副院長就任
平成29年 水の森美容外科新宿院 院長就任
令和2年 水の森美容外科大阪院 院長就任

<所属学会情報>
日本形成外科学会 正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員
日本マイクロサージャリー学会 正会員
日本美容外科学会 正会員
日本抗加齢医学会 正会員


日本顔学会 正会員
BOTOX VISTA®認定医
ジュビダームビスタ®認定医
アメリカ心臓学会 ACLS プロバイダー
日本美容外科医師会 正会員