目頭切開とは

目頭切開とは、目を横方向に大きく見せる手術です。この手術に二重埋没法や二重切開の手術を加える事で黒目が大きく見えたり、二重幅を広くする事で、目を縦方向に大きく見せる事が出来き、より大きな目になります。

蒙古ヒダとは

目頭切開とは、目頭に覆いかぶさっている蒙古(もうこ)ヒダという余剰皮膚を切除することで、ヒダによって隠された部分を取り除き、目を大きく見せる手術です。 日本人は蒙古ヒダがしっかりとあって、両目の距離が離れている方が多いです。 両目の距離が離れていると子供っぽい印象だったり、平面的な印象になりやすいです。 目頭切開はこの蒙古ヒダを切除し、その面積を少なくすることで目を大きく見せたり、目と目の距離を近づけてバランスの良い目元を作る事のできる治療です。

目頭切開はこんな方に向いています

  • 両目の距離が離れている方
  • 蒙古ヒダの突っ張りが目立ち、目が小さく見える方
  • 二重整形を検討されている方で、平行型のラインをご希望されている方

目頭切開で変わる目元の印象

施術前

施術後

こちらの患者様は目頭切開法と二重切開法のご施術を同時に受けていただいております。蒙古ヒダを露出させ、両目の間隔が近付き、また二重切開法により、縦にも横にも黒目の見える範囲が広がって可愛らしく、華やかな印象のある目元になりました。

施術料金
179,000円(税抜・会員価格)

副作用・リスク
【痛み・熱感】…1週間程度 
【腫れ・内出血】…ピークは1週間程度 
【傷口の赤味】…3か月

当院における目頭切開の3つの特徴

W法を採用

当院の目頭切開は、W法を用いて手術を行っております。目頭の皮膚をWの字に切開し、Wの字の尖っている部分の皮膚を切除し、皮膚を引っ張って縫合する方法です。 W法は開発者の名前を取り内田法と呼ばれる事もあります。当院では従来のW法に独自の工夫を取り入れて行っております。

1.当院における目頭切開のライン

蒙古ヒダを1mm切除するだけで目元の印象は大きく変わります。 当院では患者様に鏡を見てもらいながら、ブジーという金属製の細い棒状の医療器具を使い、まぶた押さえながら、さまざまな幅や形の二重ラインを作り、控え目からしっかり露出をさせる場合まで切開度のシミュレーションを行いイメージして頂きます。 切開度とは、どこまで切開するかの度合いの事を指します。

2.蒙古ヒダ切除量の調節が可能であること

当院では目頭切開の手術中に、切除する蒙古ヒダの量を調節することが可能です。 例えば、カウンセリングの段階では「控えめ」や「中程度」の切除量をご予定されていた患者様が居たとします。 手術中に仕上げをする前の段階で一旦ご本人様に鏡を見て確認して頂き、もし切除量に物足りなさが感じられた場合、追加切除するという事が容易に出来ます。 従来の術式では、蒙古ヒダを目一杯から控え目まで切除することは可能ですが、術前に切除量を決め、それに従って手術を行うことがセオリーです。 皮膚の切除量調整の自由度が高いW法を採用し、医師間で技術統一を行っている当院であれば、追加切除が可能です。

3.術後の後戻りを防ぐアンダーマイン(皮下剥離)

W法は皮膚を切開した後、上の図のように切り込みを入れて、Wの中央の頂点の皮膚と切れ込みの底にある皮膚を縫合して寄せます。しかし、皮膚の下には眼輪筋や皮下組織があり、それらの緊張が皮膚を寄せる際の妨げになってしまいます。 そのため、アンダーマイン(皮下剥離)を行うことで皮膚の緊張を解き、皮膚が戻ろうとする力を取り除くのです。この処理を行わないもしくは不十分だと、W法といえども後戻りのリスクとなります。当院ではアンダーマインを通常よりもさらに多くとることで、より後戻りしにくくしております。

当院では目頭切開の効果を十分に引き出し、且つ戻りにくい方法を長年蓄積した症例を元に検証し、 改良を重ねて、結論として「内部処理」に拘って行っております。 目頭の皮下には、内眼角(ないがんかく)と眼窩(がんか)の骨を繋ぐ内視靭帯があります。 靭帯から皮下に繋がる硬い組織の突っ張りによって、皮膚を切開して寄せる際に、皮膚の可動性が悪くなります。可動性が悪くなることが手術の効果を低下させる(後戻りがしやすくなる)ことに大きく影響していると当院では考えております。 この内視靭帯を処理する方法として、皮膚を寄せる前に皮膚の可動性が得られる十分な切開を内視靭帯から移行する硬い組織に加え、皮膚の緊張を解除するというものです。 二重切開法と同様に、内部処理を一つ加えることにより、当院は自信を持って目頭切開という施術を患者様にご案内をさせて頂いております。

処置時間 約40分
アフターケア 痛みは痛み止めでコントロールできる程度です
通院 5日後に抜糸、1ヶ月ごと3ヶ月後に検診
患部の状態 抜糸までは傷口が開かないようにテープ固定抜糸翌日にテープを外せます。5日目には傷の状態も落ち着いてきます。 傷口の赤みは1ヶ月経過すれば目立たなくなり、3ヶ月後には無くなります。

二重まぶた 目の整形の診療項目

鼻のヒアルロン酸注射についてのよくあるご質問

目頭が元に戻ってしまうことはありますか?

当院ではこのページでも触れている通り、アンダーマイン(皮下剥離)を多くとったり、内視靱帯から移行する組織を処理する事で、より後戻りしにくい工夫を行っておりますので、心配ございません。

一般的に目頭を何ミリくらい切開するケースが多いのでしょうか?

切開する長さは、ご希望される目の変化によって異なってきます。小さな変化を望む場合は短めの切開で、大きな変化を望む場合は長めの切開を行うことになります。患者様の顔全体のバランスを考えて、どの程度の変化にすると適切か?を術前のカウンセリングでご納得ゆくまで相談させていただいて決めます。また術中に調整することも可能です。

コンタクトレンズをしていますが、術前後に使用しても問題ありませんか ?

コンタクトレンズは抜糸(術後5日目以降)をするまでできないので、メガネをご使用してくださいませ。

目頭切開は傷跡が目立つと聞きましたが、本当ですか?

皮膚を過剰に切除したり、適切な処理を怠らなければ、傷跡が目立ってしまうケースは稀です。
また、下記の図のような単に皮膚を取り去る方法(三日月型形成法)では、後戻りしやすく、傷が目立つため、当院では採用しておりません。
当院では、皮膚を綺麗に縫合する事、上記アンダーマイン(皮下剥離)を多く確保し、内視靱帯の処理を確実に行う事により、創部(手術による傷口)にかかるテンションを緩和させるようにしております。結果創部は3ヶ月目位には赤みが落ち着き、綺麗な状態になるケースが殆どです。


三日月型形成法
蒙古ヒダの部分を左図のように三日月状に切除する方法ですが、傷跡が目立つ場合が多いのと、皮膚が過度に鼻の方に引っ張られてしまい、不自然な形になってしまったりするケースが多く、お勧めできません。

【本ページを監修した医師情報】

<医師名>
大阪院院長 田川大地


<医師の経歴>
平成24年 水の森美容外科大阪院院長就任

<所属学会情報>
日本美容外科学会 正会員
日本美容外科医師会 正会員
BOTOX VISTA®認定医
ジュビダームビスタ®認定医