目尻切開とは

目尻上下の皮膚を切除し目尻を延長させることで、黒目や白目の見える範囲が広くなり、目元全体を大きく見せる手術。

目尻切開はこんな方に向いています

  • 目の横幅を広げたい方
  • 目と目の距離が近く目頭切開の適応が出ない方


目尻切開の手術方法

①切開範囲が決まったら、目尻部分にデザインを行います。
局所麻酔を使用し、デザインに合わせて外眼角(がいかんかく)という部分を切開していきます。
切開後は、目尻部分を1点縫合し、白いテープで固定します。

②続いて上瞼目尻の皮膚や粘膜の切除を行い、上瞼を2点縫合し、白いテープで固定を行います。

③最後に、下瞼目尻の皮膚や粘膜の切除を行い、下瞼を2点縫合し、白いテープで固定を行います。

目尻切開の重要なポイント

目尻切開は、個人差もございますが、約7割程度後戻り(元に戻る)する可能性がある施術です。そのため、術後抜糸までの間は、下記イラストの通り3方向にテンションを持たせ効果を最大限に引き出す工夫を行っております。

また、目尻切開の施術を受けられる際は、後戻りすることを考えたうえで切開する幅を決めていただくことをおすすめしております。

目尻切開のカウンセリング

目尻切開は、目尻側の粘膜部分が少ない方は効果が出にくいと言われています。そのため、当院のカウンセリングでは、医師がお目元の状態を拝見し、どのくらいの効果を実感していただけるのかお話ししております。

目尻切開のダウンタイムと注意事項

【施術当日 来院】
洗顔はお控え下さい。シャワー浴は可能です。

【翌日】
水洗いの洗顔が可能となりますが、石鹸のご使用はお控え下さい。
※創部はこすらないように注意して下さい。

【術後3日目 来院】
テープの再固定を行います。

【術後7~14日目 来院】
抜糸を行います。
※抜糸は患者様のご状態によって日にちが異なります。

【抜糸の翌日】
石鹸を用いた洗顔、コンタクトレンズの装着、浴槽入浴が可能となります。

【抜糸の翌々日】
アイメイクが可能となります。

【注意事項】
・お渡しする点眼薬は、術後2週間1日3回(朝昼晩)に使用してください。
・術後1週間、就寝前に眼軟膏を目尻に塗り込んでください。
・腫れやむくみが強くなるため、体を温めすぎないように注意してください。(激しい運動・サウナ・飲酒など)
・浴槽につかる入浴は、1週間ほどお控えください。
・内出血は、個人差もありますが1~2週間で消失していきます。

処置時間 約60分
アフターケア 痛みは痛み止めでコントロールできる程度です
通院 3日にテープの再固定でご来院いただきます。
7~14日後に抜糸、1ヶ月ごと3ヶ月後に検診
傷口の赤みは1ヶ月経過すれば目立たなくなり、3ヶ月後には無くなります。

目・二重の整形・施術一覧の診療項目

診療項目一覧

よくあるご質問

目尻切開は、たれ目形成と同時に手術は可能ですか?

はい、可能です。たれ目形成と組み合わせることで目を縦と横の両方向に広げることができます。

【本ページを監修した医師情報】

<医師名>
大阪院院長 津田智幸

<医師の経歴>
平成27年 水の森美容外科大阪院 副院長就任
平成29年 水の森美容外科新宿院 院長就任
令和2年 水の森美容外科大阪院 院長就任

<所属学会情報>
日本形成外科学会 正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員
日本マイクロサージャリー学会 正会員
日本美容外科学会 正会員
日本抗加齢医学会 正会員


日本顔学会 正会員
BOTOX VISTA®認定医
ジュビダームビスタ®認定医
アメリカ心臓学会 ACLS プロバイダー
日本美容外科医師会 正会員